#鍵山秀三郎

微細僅差の積み重ねが大差となる