私たちは心の中で考えたとおりの人間になっている

原因と結果の法則

サンマーク出版「原因と結果の法則」著者 ジェームズ・アレン
本書は、1902年に書かれたもので、聖書に続くベストセラーと言われております。欧米の自己啓発書作家たちに強い影響をおよぼしたようです。そんな謎の哲学者ジェームズ・アレン氏のシンプルな哲学を学びたく、自分用の勉強ツールとしてまとめる。


人間は思いの主人であり、人格の制作者であり、環境と運命の設計者である

植物は種から芽生える。私たちの行いも思いという種から芽生える。
心の中の思いが私たちを創っている。私たちの心が邪悪な思いで満ちているときはいつも痛みがつきまとう。私たちが清い思いばかりをめぐらしたなら私たちは喜びばかりがつきまとう。
気高い神のような人格は、くり返しめぐらされつづけた、気高く、正しい思いの、自然な結果。卑しい獣のような人格は、卑しく、誤った思いの、やはり自然な結果。
自分自身の思いによって、自分をすばらしい人間に創りあげることもできれば、破壊してしまうこともできる。


環境は思いから生まれる

自分の心をしっかりと管理し、人格の向上に努めている人たちは、「環境は思いから生まれるものである」ということを知っている。

人間の心は庭のようなもの。知的に耕されることもあれば、野放しにされることもある。自分の庭に美しい草花の種を蒔かなかったら雑草のみが生い茂ることになる。すばらしい人生を生きたいのなら、自分の心の庭を掘り起こし、不純な誤った思いを一掃し、清らかな思いを植えつけ、それを育みつづけなけなくてはならない。

環境は人間を創らない。環境は私たち自身のことを外側に漏らすのみ。気高い思いをめぐらしている人が、邪悪な道に落ち、苦悩することなどは起こらない。同様に、邪悪な思いをめぐらしている人が、気高い目標を達成して真の幸せを感じることもない。

人の多くは、環境を改善することには、とても意欲的だが、自分自身を改善することには、ひどく消極的である。いつまでも環境を改善できないでいる理由はここにある。自分自身を改善するということは、真の意味での自己犠牲を払うということにほかならない。真の自己犠牲とは、心の中からあらゆる悪いものを取り払い、そこを良いものだけで満たそうとする作業である。


思いと目標

思いと目標が結びつかないかぎり、価値ある物事の達成は不可能である。でも、目標をもたないために人生の海原を漂流している人たちが、驚くほどたくさんいる。人生の目標をもたないとき、つまらないことで思い悩んで、よけいな苦悩を背負ってみたり、ちょっとした失敗ですぐに絶望してしまう傾向にある。
大きな目標を発見できない人は、とりあえず、目の前にある自分がやるべきことに、自分の思いを集中する。目の前にあるやるべきことを完璧にやりとげることで、集中力と自己コントロール能力が磨かれる。それは自分を強化する最善の策であり、目標を達成する力を身につけていくことになる。間もなく、自然により大きな目標が見えてくる。

成功を手にできないでいる人たちは、自分の欲望を全く犠牲にしていない人たちである。人間は、もし成功を願うならば、それ相応の自己犠牲を払わなくてはならない。大きな成功を願うならば、大きな自己犠牲を。


あらゆる成功は努力の結果

怠け心をもつ人間は、表にあらわれた「結果」だけに目を奪われ、その背後に存在する「原因」を見ようとしないために、あらゆる成功を、幸運、運命、偶然という言葉で片づけようとする。成功した人たちの「血と汗と涙」の部分にはけっして目を向けない。かれらは、強い信念を維持し、数々の犠牲を払い、粘り強い努力を続け、理想の実現を目指し、さまざまな困難を乗り越えてきた人たちなのである。


原因と結果の法則
原因と結果の法則

サンマーク出版
著者:ジェームズ・アレン / 訳者:坂本貢一

サンマーク出版 オンラインストア